DESIGNデザイン

image photo

暮らしを変える新ランドマーク。

外観完成予想図

住まいのデザインやプランニングにこだわった、新しい都市のライフスタイルの創造を目指して…。
「生活創造」では札幌の都市に暮らす人々が求める「心地よさ」をカタチにしたレジデンスを創造。
じょうてつの目指す“I’M=私らしい”暮らしの創造という想いと心通いあう街づくりを目指した京阪グループの「こころまち つくろう」というスローガンを11階建・43邸のスクエア、10階建・94邸のクロスからなる壮大な2棟構成の佇まいに込めています。

誇らしく双び建つレジデンス。

  • 外観完成予想図
  • 外観完成予想図

「ファインシティアイム札幌二十四軒」は約4,900㎡という広大な敷地を確保し、シンボリックな2棟構成を実現。
全137邸※1の西区最大級※2となるスケールメリットを最大限に活かした“生活創造”を目指しています。
その佇まいは個性的な住棟レイアウトを活かして東・西・南・北、それぞれの方角によって見え方が変化する存在感も魅力。
雄大な空をバックにした見上げも堂々たるもの。
ここに暮らす誇らしさや落ち着きを纏い、新たな街の景観を創造する佇まいを描き出しました。

ご家族・多世代が交わるコミュニティ。

グリーンガーデン完成予想図

洗練されたイメージのエントランスなど、住まう誇らしさを感じさせる建物自体の意匠性、機能性は大切な要素。
「ファインシティアイム札幌二十四軒」では誰かと一緒でも、一人でも快適に過ごせる共用スペースをご用意しました。
コンセプトである「ilo×ilo」に基づき「ぬくもりのある空間」「毎日の心地よさ」「新発想の子育て」「働き方改革」「多世代交流」「暮らしの多様性」「感性を刺激」という7つのテーマを空間の随所に反映させています。
いつでも、誰とでも、どこにいても愉しめる、多種多様な人たちのライフスタイルにフィットする場所を。

「生活創造」において追求したのは自分たちのライフスタイルを大切にし、住まいのスタイリングやデザインにこだわり、心地よく感性豊かに暮らそうとするマインド。
それは長い冬を自分たちの住まいで家族と過ごす北欧的な想いとも響き合います。
我が家だけではなく共用空間でも人と人とが笑顔や心を通わせながら過ごす時間を大切に、毎日を美しく心地よく、大人も子どもも多世代がふれあう暮らしは今や、時代の潮流になりつつあります。

住まう誇りを高める
共用施設の数々。

ライトコート完成予想図

2棟構成の住棟レイアウトに独立性と開放感を…。
敷地南西側のスクエアと東南側のクロスのエントランス入口の間には両棟をつなぎ一体感を演出する「ライトコート」を実現。
シンボルツリーや季節の植栽をバランスよく配した、朝出かける時も夜帰宅する時にも、ほっと一息つける癒しの空間です。
「ファインシティアイム札幌二十四軒」では特に共用施設を重視し、感性を育む「生活創造」を意識しながら日常の中で新たなシーンや感動を生み出す“場”の創造を目指しています。

ライトコート完成予想図

カーエントランス完成予想図

優美な風景を創造するスクエア・クロスのエントランス前には、ホテルライクな佇まいの「カーエントランス(車寄せ)」を確保。
それぞれのエントランスには大きな庇を設けているので雨の日のご家族のご乗降などの際にも快適です。
現地からは「札幌JCT」~「小樽IC」を結ぶ「札樽自動車道」の「新川IC」や「札幌西IC」も近いので、荷物が増える都心部へのお出かけや「小樽」への観光やフェリーを利用する際などにも便利です。

スケールを活かして多彩な共用施設を実現したランドプラン。

目指したのは広々とした敷地とその形状、全137邸※1というスケールメリットを最大限に活かした充実の共用施設の数々。
建物や共用施設の随所にここに住まう誇らしさを感じながら、住まう方同士の交流を育み、時には一人でテレワークや読書などの自分時間に没頭する…そんな思い思いの時間を過ごしていただくために、複数のコニュニティスペースや心癒すガーデンを敷地の随所に実現しています。

ホテルライクに、自分ライクに。

ガーデンラウンジ完成予想図

誰もが寛いで過ごしていただくための共用スペースには「グリーンガーデン」や「ガーデンラウンジ」、住まう方々の“もう一つのリビング”という意味で名づけた「セカンドリビング」などをご用意しました。
日常の中に別世界感を演出し、毎日が上質なホテルに滞在しているような、ワクワクした気分で過ごしていただくためそれぞれの施設のデザインやスタイリング、さらにはサービスにこだわって、感性豊かに暮らそうとするマインドにフィットする素敵な時間を過ごしていただけるよう心掛けました。

セカンドリビング完成予想図

グラスを交わす音と
住人同士の笑顔に満ちた
パーティーが始まる。
家族同士ではもちろん、周りの住人の方とのコミュニティを育むもう一つの空間「セカンドリビング」。多世代が集い、パーティールームとしても利用が可能。ファミリーはもちろんディンクスや子ども、シニアまで安心して楽しく過ごしていただける設備やサービスが充実しています。

image photo

座り心地のいいソファで
タブレット片手に
当世風の読書を愉しむ。
スクエアの「エントランスホール」、クロスの「ガーデンラウンジ」には「電子書籍読み放題サービス」が利用可能。また、Wi-Fi環境や充電コンセントの整ったリモートワークスペースやキッズルームとしてなど、多世代が同じ空間を共有でき心地よく過ごせます。

image photo

気の合う友人同士で
家族やご夫婦で
好きな映画を堪能する。
「セカンドリビング」には大型スクリーンが装備されており、時にはミニシアターに早変わり。セルフでコーヒーが楽しめるベンダーも設置してあるのでシニアカップルはコーヒー片手に当時を思い出しながら懐かしのシネマを鑑賞したり、季節のイベントで子どもに人気のアニメを上映したりと楽しさが広がります。

image photo

珈琲専門店と提携した
コーヒーマシンで
挽きたての1杯を味わう。
共用部には「珈房サッポロ珈琲館」と提携した全自動ドリップコーヒーマシンを設置。メニューはコーヒー2種の他、カフェオレなど全て1杯100円でご利用いただけます。また、「珈房サッポロ珈琲館」主催のコーヒーの淹れ方教室なども定期的に開催するなど、イベント支援サービスも充実しております。※詳しくは販売員にご確認ください。

image photo